FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No,17 旅行情報 「カンボジア アンコールワット+周辺遺跡」

これからカンボジアアンコールワットに行く方に向けて少しでもお役にたてたらと思いまして、今回の旅でこれは事前に知っていた方がいいなぁと思ったことを少しばかりですがまとめましたぁ~(^_^)/

大した情報量ではないですが、参考にしていただけたらと思います♪



旅行情報編  <カンボジア アンコールワット>


1.Visaについて
 
 visaは入国時に申請をし、取得することが可能ですが、事前の取得がおすすめです。

 西欧の観光客はほとんど事前に取得していないようで、長蛇の列に並ぶこととなります。

 しかも、到着時であり国にもあまり慣れていない中でこの作業はなかなか負担が大きいと思いますので、そういう意味でも事前取得がいいかと思います♪

なお、日本で取得する場合、大使館に直接行く方法と郵送される方法を選べるため、比較的融通がきくかと思われます。




2.空港からシェムリアップまで

 空港からシェムリアップまでは、車で20〜30分程と比較的近い距離にあります。
 空港から降りるとトゥクトゥクドライバーとタクシーの運ちゃんが声をかけてきます。主な移動方法はこの二つです。

 おすすめは無難に空港のタクシーです。

 7ドルでホテルまでしっかり連れて行ってくれます。チップをせがまれるので、小銭を持っているとベストです!



3.アンコールワットサンライズ

 ツアーだと一人7ドルくらいで連れて行ってくれます。しかし、ちょうど朝日が登るかなぁ〜というくらいで「かえるよ〜」と言われるなど、若干もったいない感じもあります。ですので、可能であれば個人で行くことをお勧めします。移動手段さえあれば何ら問題ないです!!

  ただし!以下の2点はミスらないように気を付けてください!

 1.遺跡のチケットを取得していること
 2.チケットの日付の所に穴を開けて貰うこと。


 この2点は必須です!じゃないと、アンコールワット内に入場できません!!
 
 1.は初日じゃなければ問題ないと思いますが、遺跡群に入るためにはチケットが必要ですので、必ず購入してください!これがないと遺跡に入れません!(>_<)

 2.は遺跡を回るチケットを買う販売所で必ず一日一回チケットを見せ(数日間回れるチケット)その日の日付が書かれているところに穴をあけてもらうということです。顔写真との照合をして確認をしているようです。

 絶対にこの二点は忘れないようにして下さい!サンライズなので時間のタイミングがありますので、自信がない人は早めの行動をするようにしてくださいね♪

 個人でサンライズを見る場合もドライバーに言えば対応してもらえると思います♪

 参考までに、チケットはこんな感じです♪

P2150017モザイク



「アンコールワットサンライズの周り方」

 アンコールワットのサンライズはかなり多くの人がいます。ガイドさんから教えてもらった回り方がとてもよかったので紹介します!

 まず、ほとんどの観光客がアンコールワットの下にある池に群がっています。ここで水に映し出されるアンコールワットを見ようという魂胆です。うじゃうじゃいますので、いくら早く行ってもベストポジションはとれません。割り込みとうもありますしね。なので、ここには最後に来ることにしましょう。最初からいようが、あとから行こうが結果はたいして変わりません。

 では、最初はどこにいるのか?

 それは「後ろ」です!!

 アンコールワットが見える広場にでる門があります。その門をでてすぐに左!門づたいに左側に行くと、アンコールワットの日の出をここからみようとしている人が居ますので、その人たちと一緒にまず朝日を見ます。ここは池の所ほど人は多くありませんので、座ったりしながら待つことができます。
 
 ここで朝日が見える時間になっても沼ではまだ朝日は見えません。アンコールワットとの角度の関係で。大体10分くらいタイムラグがありますので、ここで朝日をゆっくり楽しんだ後、池の方に行きましょう。ここでまたアンコールワットの後ろから太陽が出てくる所を再度見るという周り方です♪

ルート図を作ってみました!参考にしてください♪

アンコールワットまわり方


 是非、お試しあれ〜。



3.象さんに乗る!

 遺跡群では3カ所ほど象さんに乗ることができます。一人20ドルです。ほとんどが一回いくらという料金設定ですが、この象さんだけ1人あたりの料金ですので、お間違えなく!2人だと40ドルとられます!勘違いしていてちょっと焦りました笑

 さて、まず象さんですが時間が決められていることと、けっこうな人気があるので、時間をしっかりと確認し、早めに行くという対策が必須です!これで一度逃していますので、本当に乗りたい人は気を付けてください。

 続いてどこの象さんに乗るか。我々はバイヨンの周りを周るコースを選択しましたが、ただ周るだけです。まぁ〜、象さんのうえから見るバイヨンも悪くなかったですけどね♪

 おすすめは「プノンバケン」の象さんです。プノンバケンは山の上にある遺跡ですが、この山道地味に長くて大変なんです。なんとここで象さんに乗ると山の上まで連れて行ってくれるとか!そのため、プノンバケンで乗ろうともくろんでいたのですが、残念ながら予約一杯のため乗れませんでした。もし、プノンバケンに行くようていでしたら、ぜひこの方法で山頂まで行ってみてくださいね♪
 →この方法で行こうと思われる方はしっかりと調べてください。間違っている可能性もあるので。



6.郊外遺跡
 個人的な感想ですが、かかるお金と時間を考えると、郊外の遺跡はそこまで魅力的ではありませんでした。
 
 アンコールワット、バイヨン、タ・プロームさえ回っておけばとりあえずいいような気がします。

 もちろん、「せっかく行ったんだから郊外の遺跡も」と思うのは最もなので、時間があるのであれば行ってもいいと思います。

 ちなみに、「クバールスピアン」は運動靴で行くことをお勧めします!あと、水をお忘れなく!



7.ぼったくりに関して

 基本的に最初の価格はボッタクリです!大体3倍の値段が付けられますので、しっかり値切りましょ〜。

 今回の旅行で言うと、最初の言い値が89ドル近かったものが20ドルで購入できています。ご参考までに♪

 まぁ、一回のぼったくりだったらたいしたことないですが、積み重なると相当な金額になりますのでね



8.ホテルに関して

 今回、使ったホテルは当たりでした!

 とても感じが良く、サービスも行き届いています。信頼感もあるので、シェムリアップに行こうと考えている方はこのホテルも検討してみてください♪

 自転車の貸し出し無料で、ダウンタウン(パブストリート等)まで川沿いを直進。30分もかからずに到着します。

 ホテル名:リバーベイヴィラ
        https://www.facebook.com/riverbayvilla?_rdr


9.お金に関して

 カンボジア通貨のリエルはほとんどつかいませんでした。。。アメリカドルが非常に流通しています。

 ほとんどの支払いはドルでできます。スーパー等でもリエルとドルの金額が同時に表示される程です。

 1ドル以下のおつりはリエルで返ってきますが、チップ(?)としてとられることもありますので、おつりもしっかり欲しいという場合はリエルでぴったり支払うのがよいと思います♪



 以上!カンボジア 旅行情報でした(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。