FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No,10 旅行記 フィリピン&カンボジア 「3日目 遺跡群めぐり」

<3日目 アンコールワットサンライズ&郊外遺跡ツアー&サイクリング>

さて、早くも三日目。

朝5:10にアンコールワットに向けて出発です。

それも名物Sun Riseを見るため(*^_^*)

ガイドさんが現れず、心配。ホテルの場所がわからずちょっと迷ってしまったみたいです。


福岡から来ていた母、娘さんの家族と一緒に4人でアンコールワットを目指します。

アンコールワットはすでに多くの人が集まっています。


ここで、ガイドさんからのポイント紹介。

観光客はアンコールワットの下にある沼周辺でサンライズを待つことが多いとのこと。で、ここでサンライズを見ることができるのが6;55頃。これは、アンコールワットの建物があるため、実際に登ってから数十分経たないと朝日を拝めないんですって!!

なので、最初はアンコールワット入場口から壁沿いに左へ行ったところにある階段、塀の上からサンライズを見て(6:30頃)、そこのサンライズを見たら徐々にアンコールワットの沼地のところまで歩いて行くのがベストな回り方とのことでいした。

実際、この方法で回り方はベストだと思います\(^o^)/
沼地はすでに人があふれているので、早くいって待っていても、後からいっても変わりません。

一方、後ろで見ている人はあまりいないので、ある程度余裕をもって見れます!そして、実際後ろで朝日を見てから前の方に行っても時間的に結構余裕でした♪

アンコールワットの朝日を見る方は是非この廻り方で見てみてください(*^。^*)


そして、アンコールワットの朝日ですが、最初にフェイクがあります!フェイクと言うのは、地平線に靄がかかっていて、これだめかもぁ~って思わされるんです!実際、朝日が出る前に帰宅するグループも結構いました。

でもでも、それでもぐっとこらえて待っていると、雲がかかっていない限りちゃんと現れます(^^)v
辛抱強く待っててください♪

ちなみに、春分と秋分の日はアンコールワットの中心の建物から朝日が昇ってくるということで、ベストタイミングらしいです!ご参考までに♪

sunrise 
_MG_6606 - コピー

_MG_6615 - コピー


<郊外遺跡ツアー> バンテアイスレイ クバールスピアン ロデュオス遺跡
 8時からツアーを申し込んでいた郊外の遺跡ツアーに行きました(*^。^*)
 
 自分は水景が好きなもので、遺跡に水が流れているクバールスピアンは是非行ってみたいと思っていたところです♪
 
 さて、ツアーはミニバンで向かいます。同乗者は50歳くらいのおじさんに、20歳の大学生。このお兄さんは大学の長期休みを利用し、カンボジアの孤児院でボランティアをしているそうです。
 
 紛争解決について大学で勉強しているそうで、将来はカンボジアに学校を建てることが夢なんだとか。立派です!!\(◎o◎)/!


 シェムリアップから最初のバンテアイスレイまで大体1時間くらいだたかなぁ~。舗装されていない道もあり、がたがたと車に揺られながら向かいます。
 バンテアイスレイは観光客向けに多少きれいにされており、トイレや雑貨等が売られています。あと、土産売りのローカルが声を掛けてきます。



 この人たちだいぶ粘っていました。中年の人の方がお金を持っていることを知っているようで、我々や20歳のお兄さんには全く声を掛けてきませんが、おじさんの方はずっと声を掛けられ、最終的には粘り勝ち!ブレスレットを購入させられていました(・。・;

 いやぁ~、粘ってみるもんですね(ワラ


<バンテアイスレイ>
 バンテアイスレイは、女性の遺跡と言われていて、珍しいピンク色の岩が特徴的。
 この岩は貴重らしく、このバンテアイスレイで使われて以降、見つからなくなったそうでこの遺跡建築以降の遺跡は普通の黄色い岩などがメインに使われているということです。

_MG_6622.jpg

_MG_6625.jpg


 で、遺跡の美しさとか自分はあまりわからないんですが、ガイドさんによるとここの遺跡は彫が深くて美しいらしいです。

 ん~、言われてみれば確かにそうか(~_~メ)

_MG_6635.jpg


 で、ここには「東洋のモナリザ」と呼ばれる、ピンクの岩に掘られた彫刻があるんですが、これも素人目には何がどう美しくて、他のものとどう違うのかいまいちわかりません。ワラ
 
これが東洋のモナリザです♪
_MG_6640.jpg


 ガイドさんが言うには、一致している感じとか、顔の表情とかが素晴らしいんだとか。
 ん~。言われてみれば。。。(~_~メ)
 ちなみに、この東洋のモナリザ一度盗掘にあったそうです。それが空港で発覚し犯人が捕まったそうなんですが、権力者だったらしく一筆書いただけで釈放されるという何とも腑に落ちないエピソードがあります。

 まぁ~、これを盗掘しようというのが大胆なはなしですが、空港で見つかるというのもまた間抜けなもんです。
 あと、個人的には東洋のモナリザという表現はしっくりこないですねぇ~。
 だれかが言った表現がなんか商売的によさげだったから取り入れたっていうような印象をうけます(@_@。
 そもそも、彫刻を絵画と比べるということに違和感を感じます(・。・;
 まぁ~、大した問題ではないんですけどね

こどもたちが遺跡でくつろいでいます♪
_MG_6643.jpg



 ここはそんなに広くない遺跡です。ガイドなしで歩いたら10分ほどで回りきれちゃうくらいです。
 ということで、次に行きます。



<クバールスピアン>
 
 さてお待ちかねのクバールスピアン。

 駐車場から徒歩です(*^_^*) 

 入口付近に1.5キロの文字があります!ん?そんなに歩くの(~_~メ)!?
 事前リサーチを怠っていたため長距離とかあるくことは全然想定していませんでした。

 で、実際あるくとこれはもう登山と言っても良いレベルの山道!クバールスピアンに行かれる方は是非歩きやすい靴で行くことをお勧めします!あと、荷物を軽くしてください(+o+)大変な思いをします。

 こんな感じです

_MG_6649.jpg

_MG_6652.jpg



 道中の所々にもシヴァ神やリンガなどが彫られた岩が見られます。ただ、ガイドがいないと見つけるのは難しいかもしれません(#^.^#) まぁ~、遺跡がすきだ~っていう方以外は別に見なくてもそんなに損した気分にならないと思いますが。

 で、入り口から1.5キロ、おじさんは汗びっしょりで背中のシャツの色が変わっています。ガイドさんも息を切らして大変そう(>_<)
 
 お目当てのスバールスピアンは、ジャングルの中に小川があって、それに沿って作られているので、すごい壮大ですごい!とはならず、しっとりとした印象の遺跡です

_MG_6653.jpg

_MG_6660.jpg


 ぶっちゃけてしまうと、ここまで来て帰る費用対効果を考えると、そんなに魅力的ではないかもしれません。
 とくに水量が少ない乾季は迫力にも書けるようです。何とも行くか行かぬか迷う遺跡だとおもいます。

 なんで水の中に彫刻が彫られているのか?といいますと、男性器をモチーフにした「リンガ」を流れた水は聖なる水へと変わります。これは病気を治したりする力があると信じられ、とてもありがたい水なんです。
 それで、ほんとはガンジス川に行ってお参りをしたいけど、とてもそれは遠くてかないそうにない、そこで川の水の流れにリンガの彫刻を掘って、こここを流れる水を聖なる水として清めようという趣旨なんだとか。

 それで川の下に彫刻ができるという素敵な場所が誕生したそうです(*^_^*)

_MG_6664.jpg

_MG_6665.jpg

_MG_6672.jpg
水の中のリンガです

 帰りは途中まで川を下ります。遺跡から少ししたところに中くらいの大きさの滝があります。雨季には水量が上がって結構迫力があるそうですよ~(*^。^*)

_MG_6675.jpg

 欧米の方とかが雨季に来るとここで水着に着替えて水浴びをしたりしているそうです♪
 雨季に行かれる方は是非水着をもって行ってみてください!きっとクバールスピアンまで行くのに汗だくになるので気持ちいと思います♪

途中、ツルのブランコに乗りました

P1100963.jpg




<サイクリング>
 郊外遺跡ツアーが終わったので、ダウンタウンまでサイクリングです♪

 自転車はホテルで無料貸し出しをしていたので、それで向かいますヽ(^o^)丿

 カンボジアは車の運転が荒いのはもちろん、車線も大体まもりましょ~くらいなので、自転車での走行はやや注意が必要です。

 大切なのは流れに逆らわないことと、変に止まらないことだと思います♪ゆっくり走っていれば周りがその速度に合わせてよけてくれるので♪

 変に止まって避けようと思って動き出したりすると(日本のおばちゃんみたいな余裕のない運転)、たぶん事故ると思います。リラックスしてよゆ~よゆ~ってくらいに乗れる人には自転車はとてもよい交通手段だと思います(*^_^*)

 昨日訪れたパブストリートでお買い物♪今日はそれほど時間がなかったので、スーパーと市場でカンボジア滞在中に食べるフルーツとお酒を購入してホテルへ戻ります。

 途中で気さくなおじちゃんが作っていたソース焼うどんとお好み焼きを2人前、カンボジアの寒天スイーツを購入します。
 焼うどんを作ってくれている間、同じく焼うどんを待っていたイングランド人のダンディなおじ様がフレンドリーに声を掛けてくれます。なかなかのイケメンワラ
 お決まりの出身地を聞いたり、して雑談を少しします♪福岡に少しだけ滞在したことがあるのだとか。

 ほんとに5分もないくらいの会話でしたが、とても充実したコミュニケーションでした♪こういうことがあると時間的な長さよりも質とかインパクトとかが大切なのかなと感じます。

 で、ホテルに戻りお酒とうどんとフルーツを食べて就寝です♪

P1110021.jpg

_MG_6711.jpg


うどんとお好み焼きは二人前で2ドルほど(*^。^*)想像以上においしかったので、カンボジアに行かれる方は是非ご賞味してください♪\(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。