FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No,9 旅行記 フィリピン&カンボジア 「2日目 遺跡群めぐり」

訪問地 アンコールトム(バイヨン、バプーオン、像のテラス、ピミアナカス) → タ・プローム → アンコールワット → プノンバケン → アンコールナイトマーケット&パブ通り

めっちゃ盛りだくさんな一日! 書くことめっちゃ多いなぁー!
長くなると思いますが、どうぞお付き合いを♪


さて、朝は7時頃に起床。ホテルで朝食をとります。

メニューは三角に切られた食パン、フルーツサラダ、マンゴージュース、自家製ヨーグルト、マーガリンとリンゴジャム、ホットコーヒーです♪ 
_MG_6120.jpg


質素なものでしたが味はとてもよく、食パンはすごい香ばしくて、マンゴージュースは甘くて、ヨーグルトはコクがあってという感じヽ(^o^)丿ん~、まいう~♪

眺めはこんな感じ♪

_MG_6111.jpg



で、意外と朝食が出てくるのに時間がかかったので、出発が遅くなります。

ツアーのトゥクトゥクをに乗ったのが、9:30でした。
ちなみに一日チャーターで15ドルです。行く場所によって料金がかわるとのことですが、大体このくらいが妥当な金額のようです。

で、途中両替をします。1ドル130円というもろに円安の影響を受けている感じ。。。
ドルになるとその少なさにびっくりです!

実は、チケット売り場に行ってからお金が足りないことに気付いたというのは秘密です。。。ワラ

ちなみに、トゥクトゥクのドライバーはラムさん、34歳男性です(*^_^*)
今日一日お世話になりました♪



チケット売り場です!(*^_^*)1day,3days,7days,のチケットブースがあります
我々は3日間なので、3days passport なんと写真入りのチケット

_MG_6125.jpg
某ランドの年間パスポートみたいです(ワラ


_MG_6127.jpg

チケットを買う間待っているラムさん(左)


_MG_6130.jpg

欧米人は自転車で回る人もいます(#^.^#) 日本人で自転車に乗って回る人はまだまだ少ないですね。

ここはチケット売りだけですので、チケット購入後はまたトゥクトゥクに乗って移動!


_MG_6137.jpg


目指すはアンコールトムです♪

途中、サルの群れに会います(^^)v ニホンザルとは違って大人しそうです。
赤ちゃんがお母さんにしっかりしがみついてかわいらしいです☆彡

まぁ~、横着物なのでトゥクトゥクを止めてくれますが、降りずに乗車しながら写真を撮ります(#^.^#)

_MG_6160.jpg



そして、アンコールトムのバイヨンに近づくと、象さんがいます!もちろん、野生ではなくて象使いが乗っています。

_MG_6171.jpg

なんと、この周辺では何か所か象に乗って移動することができます!!一回15ドルと日本で乗るよりも非常に安いです!ということで、最後のプノンバケンで乗るということで、ここではスルーヽ(^o^)丿
バイヨンに到着です


<バイヨン>
 場所で記録を区切ろうかと思います。

バイヨンはアンコールトムの一部です。レリーフ(壁画)がとても美しく、アート性高しです!

_MG_6166.jpg


実際、ガイドブックとかでは伝えようのないスケールのでかさです!
正直なところ、ガイドブックとかで遺跡を見ても、対して面白くないんですよ!だから、あまり期待せずにというか期待できずに現地まで行きました。

でも、実際にはそのスケールの大きさ、アート性の高さに感動!!

一面に彫刻が彫られてます

_MG_6180.jpg

_MG_6187.jpg

_MG_6190.jpg

結局、写真はスケールが小さい物をスケールを大きく写すことは得意です。ありふれたものを芸術的に撮るというのも写真は結構得意だと思います。でも、ほんとにスケールが大きい物をその大きさを保って写真にするというのは実は結構難しい技術を要するのではないかと感じた次第です(>_<)


ちょっと脱線しましたが、このバイヨンほんとにすばらしいですヽ(^o^)丿

観光客が回っているところも多いですが、誰もいないスペースもあって、そんなところに入るととても心が安らぐというか、厳かな気持ちに近い感覚を覚えます。

_MG_6212.jpg


こういう一角です


_MG_6214.jpg

飛んでみますワラ


特に、ガイドブックでは「これが必見!」っていうような書き方がおおいですが、まぁ~ぶっちゃけガイドブックのそういうのはあまりあてにならなくて、そこの窓の位置とか光の入り方とか、そういうなかなかこれです!という言い方ができないものが素晴らしかったりすると思います。

つまり、雰囲気!これが何と言ってもいいところでした!!

_MG_6191.jpg_MG_6240.jpg

_MG_6245.jpg




<タ・プローム>
 アンコールトムの見学を終え、途中レストランでの食事をはさみ、ラムさんに連れられてタプロームに向かいます♪

_MG_6256.jpg


 食事後、無名の遺跡によってくれます。これがまた遺跡の上に樹が根付いていてとても素敵です。

_MG_6251.jpg


で、本題のタ・プローム♪

カンボジアを訪れたらここは行ってください!素晴らしい遺跡です!\(◎o◎)/!
やや崩壊がすすんでいますが、それがまた味が出ていて、本当に当時の世界に想いを馳せるには素晴らしい遺跡だと思います。

_MG_6260.jpg


特に、崩壊した遺跡と巨木のコラボレーションが素晴らしい!
遺跡が崩壊するという時間と、樹がここまで大きくなるという時間。

そして、遺跡に人が住んでいた時をこの巨木らは記憶しているんだろうと想うとそれはもう気持ちが高ぶります♪

_MG_6269.jpg

そして、この遺跡は観光客受けする見どころも多く、エコーが響く聖堂、大蛇のような樹の根、血管のように張り巡らされた根、レリーフに樹の根が巻き付いているやつとか(ワラ)

なかなか見どころ多いですね。

_MG_6302.jpg
大蛇のような巨木


実は方位磁石を持っていかなくて方角がわからず、本当は東入場口からはいっていたのに西入場口から入ったと勘違いし、あれぁ~、ここら辺にあるはずなのになぁ~とちょうど正反対の場所をうろうろして何も見つからないというボケをかましていました。

そのため、タ・プロームの滞在時間は長めとなりました テヘペロッ♪ワラ


で、衝撃だったのは根に覆われているデヴァター!その小ささにびっくり!(・。・;
3回ほど現地の方に場所を聞いてやっと発見!

_MG_6314.jpg


聞いた分だけその前を通り過ぎていました(~_~メ)ワラ


で、根に覆われているデヴァターを拝見し、満足したので撤退です。
タ・プロームはお土産売りが多いです。

特に小学生くらいの子どもが一生懸命にお土産を売っています。あまりよくない光景ですね~。でも、それはこっちの価値観ですよね。まぁ、その話はとりあえず置いておきましょ~。

_MG_6285.jpg


<アンコールワット>

 ここまでで時間を使ってしまったので、アンコールワットは1時間の観光。
 湖面?水たまり?に映る逆さアンコールワットだけ撮りに行きます

 途中ヤシの樹液ジュース?みたいな、そのまま発酵させたらヤシ酒になるだろうと思われるジュースを1ドルで購入。おいしくなくて捨てました。ごめんなさい。

 頑張ってアンコールワットの写真を撮って撤退。ほんとに写真を撮るのに夢中だったので、とくにここに書くことはありません!

 頑張って撮った写真を見てください☆彡ワラ

_MG_6354 - コピー


<プノンバケン>

 さぁ~、プノンバケンで象に乗って頂上まで行くぞ~!

ガイドのラムさんが象乗り場にいって何やら話しています


ん~、×!?の、乗れない。。。

予約が満員のようです。。。確かに、目の前の椅子はすべて外国人観光客と思われる人が座ってますもんね。。。

残念。。。んじゃ、歩きますが~。

プノンバケンは山の上にある遺跡です。ここの夕日がきれいということでサンセットを見に行きます。

ここは服装制限があり、露出の高い服を着ている欧米人女性が止められています。
われわれは特に何も無くスル―

頂上まで意外と距離があり上り坂、ゆっくり登れば問題ないですが、まぁ~結構疲れます。1.5㎞くらいかなぁ~印象としては

頂上に着くと長蛇の列!!えぇ~!聞いてないよ~。

_MG_6372.jpg

_MG_6373.jpg


彼女を並ばせ、先頭の偵察に行きます。

そしたらどうやら、プノンバケンの頂上に登る梯子の耐久性の問題で、20~30人程度しか登らせないようです。なので列は長いですが、一つのグループが登れば、次の2~30人が登るということで、列は意外と進みます。ちなみにガイドブックの情報によると、プノンバケンは頂上に300人までしか入れないみたいで、300人を超えると入場が禁止されるそうですので、最盛期に行く方は注意が必要です。


さて、頂上ですが見晴はとてもよくて、イメージとしてはライオンキングの小高い丘からサバンナを見下ろしている様子を彷彿とさせます(たとえが微妙すぎるかもしれないです。すみません。)

_MG_6375.jpg


夕日が沈むまで一時間程度あったので、てきとうに時間をつぶします。ぶっちゃけ、頂上は何もないので時間をつぶすには工夫が必要だと思います。
幸い、カメラという趣味があるので、いろいろなものを撮って時間をつぶします♪

_MG_6375.jpg

_MG_6381.jpg

_MG_6387.jpg


で、夕日がこちら!

_MG_6398 - コピー

_MG_6489 - コピー

人が多すぎて普通に三脚を置くことはむりですね。置いたとしても目の前の人は回避できないと思います。

なので、自分は三脚を持ち上げレリーズを付け、人の頭の上からシャッターを押しました(*^_^*)

レリーズのありがたみをここまで感じたのは初めてです。

ちなみにこの方法、明日のアンコールワットの朝日撮影でも大活躍しました(^^)v


ちょっと残念だったのは、ここの夕日は地平線に沈むところまで見れないということ。

季節にもよるんでしょうが、今回は見れませんでした。結構上の方で靄に隠れてしまって終わりというなんか悲しい結末でした。

帰り際、中間にあるビューポイントで写真を取り下山します(^^♪

_MG_6498 - コピー

これがその写真です♪

下山直後、のどがカラカラの旅行客を相手にスプライトとコーラの2本で4ドルというぼったくりにあいました\(◎o◎)/!あまりにも飲みたかったので買いましたが、最後の1ドルを出すときに表情で抗議したら、水を一本くれました。でも、高いです。ワラ



<アンコールナイトマーケット&パブストリート>

で、本日ラスト。軽く書きます。

ナイトマーケットに行くために継続してトゥクトゥクのラムさんに連れて行ってもらいます。
そこで知らなかったのですが、観光客であふれかえっているパブストリートなるものを発見!

とても賑やかだったので、ここで夕食とします。

_MG_6502.jpg


カンボジアのBBQ料理店。ジンギスカンとしゃぶしゃぶを融合させたような鍋に、肉は2人前17ドル。
ビーフ、クロコダイル、ゴートン、シュリンプ、そしてフロッグ!!!!!\(^o^)/

_MG_6505.jpg

クロコダイルとフロッグは初挑戦でしたが、両方ともとてもおいしかったです!!

クロコダイルは白身の淡白なお肉。そんなにクセもなく、素直に食べられる感じ。

そしてフロッグは感動するほどおいしいです。カエルという先入観無く食べたら、おいしい!って感じると思います\(◎o◎)/!

歯ごたえがいいですし、ぷりっぷり!日本でも探して食べたいくらいです。

そういえば新宿にそういうお店があるとか、ないとか!?


で、これは書かなきゃいけないのが黒ビール

P1100818.jpg


この黒ビールめっちゃ美味です。カンボジアに来たらぜひご賞味を!!


では、3日目に続きます♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。