No,20 Fishing 布引海岸 「やっぱり相性は悪かった」 ターゲット:スズキ一族

ちょっとまた期間があきましたが。。。

グッシーがこの日は絶対釣れる!
今シーズン最後のスズキ釣りだ~!!

と半ば発狂するんじゃないかというテンションで誘われたので、行ってきましたスズキ一族!!\(^o^)/


いろいろな趣味を持っていると、時間配分が難しいのです(ワラ

とまぁ~、潮もいいし今シーズンラストと言われたら行くっきゃない!

しかしながら、毎度のこと現場に着くのは遅く、21:00実釣開始♪23:51分の干潮前後でのキャッチを目指します


この時点でグッシーは40㎝の幼魚(おっと失礼) セイゴをキャッチ(*^_^*)

ん~。。。よくない雲行きですな。。。(-_-;)


風はほとんど無風状態。まったり末にはいいコンディションですが、スズキ釣りにはいまいちなコンディション。

というのも、グッシー先輩曰く、本来魚等を追いかけているスズキ一族さんに虫エサを食べてもらうにはある程度波立っていてエサが宙に浮いている状態じゃないといけない。とのこと(・_・;)

なるほど~!筋が通っています



とりあえず、グッシーの右側に2本投入♪

とくに反応はなくと思い回収しますが。。。


ん!?

なんか重い!!!

でも、引かないからスズキではないですな。


ん~。小さいアナゴか?

アナゴならいいなぁ~。久しぶりにアナゴ食べたいし。


と、あがってきたのは。。。

グフグフグ。。。


しかも良型。。。なんだよ~。。。期待しちゃったじゃん。。。

グッシーは笑いながら「そんなに簡単につれるわけねぇ~だろ」とのこと。。。残念。。。

あまりの落胆ぶりに写真はとらずです。。。



その後、繰り返し投入しますが、回収するたびにラインが絡み、エサはきれいに消えが繰り返されます。。。


とにかくエサ取りに苦しめられます。。。おそらく10分として針にエサがついていないのではないかと。。。

あぁ~、ユムシ買っておけばよかった~と後悔。。。エサが確実に残るというのはやっぱり大切ですね。


そんな状態でチャンスタイムを迎えるも無反応。。。

グッシーの竿にもグフグフグが一匹だけ。。。

ん~。ダメか。。。釣れる感じがしない。。。

むなしく時間だけが過ぎ、1時半ころに実釣終了~。。。。

ほぼボウズという悲しい結果に。。。


やはりスズキ一族との相性は悪かった。。。

ふり返ってみると、大潮の割には潮の流れがなかったような。。。グッシーどう思うよ?とブログで質問。ワラ



最後に投げ練習。初のV字投法。

最初の一回で可能性を感じました!
初4色!

これはさらに飛距離が伸びそう!

というのも余談ですが、学習心理学に学習曲線と呼ばれるものがあります。
学習をするとき、やればやるほどドンドン力が付く時期があり、これを正加速曲線と呼びます。

で、そのあとに成長が思うようにいかないプラトー期(いわゆるスランプ)があります。

という理論から行くと、これからしばらくの間はやればやるだけ飛距離が伸びるはず~!!\(^o^)/

めざせ6色(*^^)vいえぇぃ♪


ということで次回に続きます♪(*^。^*)




<釣果>
・グッフー サイズ不明 写真なし!

*グッシーが40㎝セイゴを一尾

<コンディション>
・天候:曇り ほぼ無風 
・潮回り:大潮 下げ潮→上げ潮 
・実釣時間:21:00~25:30
・気温:8℃ だいぶあったかくなりました。
・水温:不明

<フィッシングinf>
・ターゲット:スズキ
・えさ:アカイソメ+アオイソメ(Hit) 
・タックル
  SHIMANO SURF LANDER 405cCX-T
  SHIMANO SUPER AERO SURF LEADER CI4 PE2号200m 天秤30号
   
  DAIWA LIBERTY CLUB SURF T 25-390
 DAIWA FINEDURF 35  PE2号200m 

<支出>
・赤イソメ30g 600円
・青イソメ100g 1000円

スポンサーサイト

No,19 登山 「景信山(カゲノブヤマ)」

3月14日に景信山にのぼってきました♪

半年ぶりくらいの登山です☆

景信山は標高721mの高尾山エリアにある山です。
中央道の小仏トンネルの近くにある山です。そうです。あの渋滞がひどい一体です。笑


電車で向かいます\(^o^)/

朝5時代の電車に乗り、2時間ほどの電車の旅です。電車のなかで朝食を済ませながらガッタンゴットン。。。
って、現代の電車はこんなおとしないわなッ!

ウィィィィィィィンだわ。←どうでもいい話


最寄りは京王線、または中央線の高尾駅!ここで今回一緒に登る友人と合流♪


私含めて8人での登山です!

一人は一年間留学していたので実に1年半ぶりくらいの再開!

再開の場が登山とかどんだけアクティブなんだか😄笑


高尾駅からバスに乗換え大体15分ほど。さて、登山開始です!


といってもあまり書くことがない(汗

_MG_7888.jpg

_MG_7886.jpg



山頂まで1時間半程度。山頂でカレーうどんにオニオングラタンスープ、クレープなどを作り2時間ほどまったり♪
下山に3時間半ほど。

_MG_7903.jpg

_MG_7922.jpg

_MG_7947.jpg

_MG_7958.jpg




つまり、9時00分頃から登山を開始し、山頂に着いたのが10時30分。山でクッキングと昼食をとり13:00。
下山に3時間で、高尾駅に戻ってきたのが4:30頃という感じのスケジュール。


下山の途中にすてきな流木があったので拾ったりしながらのまったり登山(^_^)/

_MG_8000.jpg


梅まつりをしているということで、梅を鑑賞。何カ所かで開催されていて気ままに立ち寄ります(*^_^*)

_MG_8013.jpg


まだ満開とは言い難いですが、それでもなかなかきれいでした♪
最後の会場で野点をやっているということで期待していたのですが、着いたのが16時ジャスト。

梅まつりが16までという残念な結果。。。


御抹茶飲めずじまいでした。。。(>_<)


高尾駅で下山後の一杯をやって帰宅です(^_^)/



まだまだ冬山でした~。新緑の山に登ってみたいですね。
まだ、新緑の山に登ったことがないもので。。。

_MG_8003.jpg

No,18 旅行情報 「フィリピン マラパスクア島」

旅行情報編 <フィリピン マラパスクア>

1.空港からマラパスクアまでの道のり
 
 空港からマラパスクア島まで2人で1万円あれば余裕で行けますので、空港ではそのくらいの金額を両替することをお勧めします。

 今回はエアコンなしのバスを使いましたが、窓から入ってくる風が気持ちよく、暑くも寒くもなかったのでエアコンなしの安いバスで問題ないと思います♪

 マヤ港に着くまでに2~3回ほど途中の町で休憩します♪お菓子やお水はここで買えますのでご心配なく♪
 ちなみに、ノースバスターミナルでも結構いろいろなものが売っています。なお、トイレはお金がかかりますワラ

  空港 → セブシティ ノースバスターミナル
     タクシー使用 250~350ペソ(750〜1050円程度) 20~30分

 ノースバスターミナル → マヤ港
     公共バス使用(黄色のバス) 始点〜終点
     136ペソ(408円程度) 5〜6時間

 マヤ港 → マラパスク島
     公共船使用(スモールボート→ビックボート→スモールボート)
     20ペソ(60円)+40ペソ(120円)+20ペソ(60円) 1時間程

*フィリピンの方は結構親切ですので、指示に従って行けば問題なくマラパスクアまで辿り着くと思います♪



3.マラパスクア島 北海岸のビーチ

P1110260.jpg


 北海岸のビーチはなかなか奇麗ですので、おすすめです。リゾートホテルが立ち並ぶ西側とは違って、ホテル等はないので静かなビーチを楽しめます♪

 西海岸からはバイクを止めて暇そうにしている人に声をかけて乗せてもらいます。片道50ペソ程です。

 北の灯台まで(north light house)と言えば連れて行ってくれます♪

 P1110251.jpg
 灯台


 若干怖いですが、15分も走らないくらいで到着です。一度灯台までのぼるとわかると思いますが、北側に奇麗そうなビーチがありますので、そこに行けばよかとです♪

P1110252.jpg
 灯台から見た景色

 アバウトな説明で済みません。でもこれで行けると思います♪

 もちろん、帰りもバイクを捕まえればOKです♪


4.レストラン

 リゾートホテルがやっているレストランは、どこも基本的にはおいしいですので、好きな所に入れば大丈夫だと思います。

 そのなかでも「アンジェリーナ」が人気でした♪

 石釜で焼いていると思われるピザですね。
ブログの方でも書きましたが、ピザもおいしいながらアイスがとても美味!お昼にアイスだけ食べに行ってもいいと思いますので、是非ご賞味ください♪


5.お土産 木彫りのニタリ

 ビーチ沿いの屋台とかで木彫りシリーズが沢山売られていますが、ダイビングショップ「ブルーヘブン」の裏道に実際にそれらを作っているお店があります!

 屋台で売られているものが、卸売りだとすると、そこは工場の直売売り場のようなものですね。

 屋台で売られているものよりも種類が多く、ニスが塗られています♪(ニスが塗ってないものもちゃんとニスを塗って渡してくれます)それにマグネットがあったり、木の種類もいろいろあるので、木彫りニタリを買うのであればここがおすすめです!

 持ち帰りもしやすい様に木箱につめてくれるサービスもあります♪
 
 ブルーヘブンを使っていれば、次の日に注文した商品を箱につめて届けてくれます!なかなかいい感じですので、マラパスクア行ったらぜひ除いてみて下さい♪

P1110340.jpg
 木彫りニタリ photo by Ele



6.お土産、日用品売り場

 マラパスクア最大の商店。日焼け止をはじめとする日用品が売っているお店が、一テンポだけあります♪ここはTシャツのカラーとサイズが多くそろっていますので、屋台のTシャツをみてサイズと大きさがあわないなぁ〜とおもったらここにくればきっとあると思います♪

 あと、オークリーのサングラスが150ペソ位で売っています(偽物)。笑 日用品が欲しくなったら是非立ち寄ってみてください♪


7.ホテル

 レジェンドというホテルを今回使いました!ほんとはオーシャンビューの部屋を予約していたのですが、まさかのダブルブッキングでランクが落ちてしまいました。

 基本的なアメニティもないのに比較的割高なのでお勧めしないです。とくにリゾートを楽しみにしてきた人は避けた方がよいと思います。

 ないものとしては、ゴミ箱、ティッシュ、エアコンのリモコン(そのためコンセントを抜き差し。。。)、電話(フロントに連絡できません)、布団orブランケット(薄い布切れ一枚)、セキュリティーボックス(貴重品を常に持ち歩くという。。。)、とまぁ〜なかなかひどい感じでした。。。

 ダブルブッキングでグレードが下がったために、その証明書が欲しい旨を伝えると、差額を返金してくれたのでまぁ〜、そこの対応はよかったですけどね。


8.安全に関して

 マラパスクア島の治安はとてもよいです。安心して滞在できると思います。

 ただし、マラアスクア島には病院がないそうです。なので、治療が必要な怪我や事故、病気などを起こすとおそらくセブ島まで行かなくては行けません。しかも、マヤ港は最北端なので、ちゃんとした医療施設がある所までどのくらい時間がかかるのかわかりません。なので、怪我等の事故、病気には十分お気をつけ下さい。ただ、詳細は調べていませんので、心配であればご自身でご確認を!

No,17 旅行情報 「カンボジア アンコールワット+周辺遺跡」

これからカンボジアアンコールワットに行く方に向けて少しでもお役にたてたらと思いまして、今回の旅でこれは事前に知っていた方がいいなぁと思ったことを少しばかりですがまとめましたぁ~(^_^)/

大した情報量ではないですが、参考にしていただけたらと思います♪



旅行情報編  <カンボジア アンコールワット>


1.Visaについて
 
 visaは入国時に申請をし、取得することが可能ですが、事前の取得がおすすめです。

 西欧の観光客はほとんど事前に取得していないようで、長蛇の列に並ぶこととなります。

 しかも、到着時であり国にもあまり慣れていない中でこの作業はなかなか負担が大きいと思いますので、そういう意味でも事前取得がいいかと思います♪

なお、日本で取得する場合、大使館に直接行く方法と郵送される方法を選べるため、比較的融通がきくかと思われます。




2.空港からシェムリアップまで

 空港からシェムリアップまでは、車で20〜30分程と比較的近い距離にあります。
 空港から降りるとトゥクトゥクドライバーとタクシーの運ちゃんが声をかけてきます。主な移動方法はこの二つです。

 おすすめは無難に空港のタクシーです。

 7ドルでホテルまでしっかり連れて行ってくれます。チップをせがまれるので、小銭を持っているとベストです!



3.アンコールワットサンライズ

 ツアーだと一人7ドルくらいで連れて行ってくれます。しかし、ちょうど朝日が登るかなぁ〜というくらいで「かえるよ〜」と言われるなど、若干もったいない感じもあります。ですので、可能であれば個人で行くことをお勧めします。移動手段さえあれば何ら問題ないです!!

  ただし!以下の2点はミスらないように気を付けてください!

 1.遺跡のチケットを取得していること
 2.チケットの日付の所に穴を開けて貰うこと。


 この2点は必須です!じゃないと、アンコールワット内に入場できません!!
 
 1.は初日じゃなければ問題ないと思いますが、遺跡群に入るためにはチケットが必要ですので、必ず購入してください!これがないと遺跡に入れません!(>_<)

 2.は遺跡を回るチケットを買う販売所で必ず一日一回チケットを見せ(数日間回れるチケット)その日の日付が書かれているところに穴をあけてもらうということです。顔写真との照合をして確認をしているようです。

 絶対にこの二点は忘れないようにして下さい!サンライズなので時間のタイミングがありますので、自信がない人は早めの行動をするようにしてくださいね♪

 個人でサンライズを見る場合もドライバーに言えば対応してもらえると思います♪

 参考までに、チケットはこんな感じです♪

P2150017モザイク



「アンコールワットサンライズの周り方」

 アンコールワットのサンライズはかなり多くの人がいます。ガイドさんから教えてもらった回り方がとてもよかったので紹介します!

 まず、ほとんどの観光客がアンコールワットの下にある池に群がっています。ここで水に映し出されるアンコールワットを見ようという魂胆です。うじゃうじゃいますので、いくら早く行ってもベストポジションはとれません。割り込みとうもありますしね。なので、ここには最後に来ることにしましょう。最初からいようが、あとから行こうが結果はたいして変わりません。

 では、最初はどこにいるのか?

 それは「後ろ」です!!

 アンコールワットが見える広場にでる門があります。その門をでてすぐに左!門づたいに左側に行くと、アンコールワットの日の出をここからみようとしている人が居ますので、その人たちと一緒にまず朝日を見ます。ここは池の所ほど人は多くありませんので、座ったりしながら待つことができます。
 
 ここで朝日が見える時間になっても沼ではまだ朝日は見えません。アンコールワットとの角度の関係で。大体10分くらいタイムラグがありますので、ここで朝日をゆっくり楽しんだ後、池の方に行きましょう。ここでまたアンコールワットの後ろから太陽が出てくる所を再度見るという周り方です♪

ルート図を作ってみました!参考にしてください♪

アンコールワットまわり方


 是非、お試しあれ〜。



3.象さんに乗る!

 遺跡群では3カ所ほど象さんに乗ることができます。一人20ドルです。ほとんどが一回いくらという料金設定ですが、この象さんだけ1人あたりの料金ですので、お間違えなく!2人だと40ドルとられます!勘違いしていてちょっと焦りました笑

 さて、まず象さんですが時間が決められていることと、けっこうな人気があるので、時間をしっかりと確認し、早めに行くという対策が必須です!これで一度逃していますので、本当に乗りたい人は気を付けてください。

 続いてどこの象さんに乗るか。我々はバイヨンの周りを周るコースを選択しましたが、ただ周るだけです。まぁ〜、象さんのうえから見るバイヨンも悪くなかったですけどね♪

 おすすめは「プノンバケン」の象さんです。プノンバケンは山の上にある遺跡ですが、この山道地味に長くて大変なんです。なんとここで象さんに乗ると山の上まで連れて行ってくれるとか!そのため、プノンバケンで乗ろうともくろんでいたのですが、残念ながら予約一杯のため乗れませんでした。もし、プノンバケンに行くようていでしたら、ぜひこの方法で山頂まで行ってみてくださいね♪
 →この方法で行こうと思われる方はしっかりと調べてください。間違っている可能性もあるので。



6.郊外遺跡
 個人的な感想ですが、かかるお金と時間を考えると、郊外の遺跡はそこまで魅力的ではありませんでした。
 
 アンコールワット、バイヨン、タ・プロームさえ回っておけばとりあえずいいような気がします。

 もちろん、「せっかく行ったんだから郊外の遺跡も」と思うのは最もなので、時間があるのであれば行ってもいいと思います。

 ちなみに、「クバールスピアン」は運動靴で行くことをお勧めします!あと、水をお忘れなく!



7.ぼったくりに関して

 基本的に最初の価格はボッタクリです!大体3倍の値段が付けられますので、しっかり値切りましょ〜。

 今回の旅行で言うと、最初の言い値が89ドル近かったものが20ドルで購入できています。ご参考までに♪

 まぁ、一回のぼったくりだったらたいしたことないですが、積み重なると相当な金額になりますのでね



8.ホテルに関して

 今回、使ったホテルは当たりでした!

 とても感じが良く、サービスも行き届いています。信頼感もあるので、シェムリアップに行こうと考えている方はこのホテルも検討してみてください♪

 自転車の貸し出し無料で、ダウンタウン(パブストリート等)まで川沿いを直進。30分もかからずに到着します。

 ホテル名:リバーベイヴィラ
        https://www.facebook.com/riverbayvilla?_rdr


9.お金に関して

 カンボジア通貨のリエルはほとんどつかいませんでした。。。アメリカドルが非常に流通しています。

 ほとんどの支払いはドルでできます。スーパー等でもリエルとドルの金額が同時に表示される程です。

 1ドル以下のおつりはリエルで返ってきますが、チップ(?)としてとられることもありますので、おつりもしっかり欲しいという場合はリエルでぴったり支払うのがよいと思います♪



 以上!カンボジア 旅行情報でした(*^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。